福山翔大と山本涼介が“役者という生き方”について熱い想いを披露 映画『JK☆ROCK』完成披露舞台挨拶レポート

邦画最新情報

映画『恋人はスナイパー』(04)や、TV シリーズ「仮面ライダーアギト」などを手がけた六車俊治監督による、完全オリジナルストーリーで描かれる青春ムービー『JK☆ROCK』が 4 月 6 日(土)より全国公開となる。

『JK☆ROCK』あらすじ
二人の「JOE」を中心に結成した大人気ロックバンド「JoKers」。人気絶頂の中での突然の解散から 1 年後、「JOE」(山本涼介)は米デビューを果たし、もう一人の「JOE」・海江田丈(福山翔大)は解散をきっかけに音楽をあきらめ、別の道を進もうと大学で退屈な日々を過ごしていた。丈ともう一度音楽をやりたい JoKers のメンバー・晴信、昴 に相談されたロックカフェオーナー・照雄(西村まさ彦)は、思い付きで初心者女子高生バンド「DROP DOLL」を結成させ、丈に指導させることで音楽への情熱を取り戻させようとする。突然バンドを組むことになった桜、真緒、リナの 3 人は、丈の厳しい指導に反発しながらも音楽の楽しさに夢中になっていく。そんな真っ直ぐな彼女たちを見ているうち に、徐々に音楽への想いがよみがえる丈。しかし、彼女たちの初ステージが目前に迫った時、帰国した「JOE」が現れ、JoKers 解散の本当の理由が明らかになる―。

4月6日(土)の公開に先駆けて、2月25日(月)に東京・神楽座にて完成披露舞台挨拶が行われ、主演の福山翔大、山本涼介、DROP DOLL(チヒロ、ユイナ、ユキノ)の 3 人、そして六車俊治監督が登壇した。

大きな歓声の中登壇し、初主演への想いを聞かれた福山は「プレッシャーもありましたけど、一つの役をやるという部分においてはこれまでやって来た事と変わらないので、堂々と演じようと思ってやりました」とコメント。また、カリスマギターボーカリストという、これまでの爽やかなイメージとは異なるクールな役を演じる上で参考にしたことを聞かれた山本は「爽やかで売っています(笑)」と冗談 を飛ばしながらも、「カリスマロックスターということで、“俺はスターだ”と思って意識しましたし、MIYAVIさんを意識して欲しいと言われたので、ミュージックビデオや 演奏シーンを見て参考にしました」と役作りについてを話した。続いて、撮影中の印象的なエピソードを六車監督に聞くと「撮影前に楽器の練習や演技の練習をして会っていたので、現場では大声出して笑ってただけですね (笑)」と話し、会場を湧かせた。

公開時期にちなんで、キャストと監督が【踏み出したい一歩】について記入したボードを発表。先ず六車監督が【インド】 と回答し、「インドに踏み出したい。ずっと行きたくて、映画も撮りたいですね」と次回作への野望を語ると、DROP DOLL も【野外フェス】に出たいと、バンドらしい野望を語った。一方山本は「一人暮らし」と回答。「今は家帰ったらご飯があって洗濯もしてあってという感じなので、生きる上で飢えが足りないなと。生きることに対する危機感とか(笑)ロックスターとか飢えている人が売れていくみたいな感じがあるので、1日1食とかにして飢餓感を感じられるようしていました。山本涼介を追い込んでいきたいですね」とストイックな答えを披露。これに対し福山も【日々挑戦】と回答し、「一個一 個の積み重ねでここまで来たなという感覚があるので、これからどんな役に挑んでいきたいということよりも、頂いた役の中でどれだけ輝けるかということに集中して、大事にしていきたい」と山本同様、役者という生き方に対しての真面目で熱い思いを語った。最後に福山が「この作品が一人でも多くの方に届いて欲しいなと皆思っています。作品を観て、どんな感想でもまわりへの発信をよろしくお願い致します(笑)」と挨拶し、イベントは大盛況のまま終了した。

JK☆ROCK

4月6日(土) 新宿バルト9 他 全国ロードショー

©2019「JK☆ROCK」ビジネスパートナーズ