[ニュース]夏帆×妻夫木聡で映画化決定!直木賞作家 島本理生が女性の本音をえぐった問題作『Red』。監督は三島有紀子で、2020年2月全国ロードショー!

邦画最新情報

現代女性の恋愛心理描写を巧みに表現し、女性から圧倒的な支持を得る直木賞作家・島本理生が、初めて官能の世界に挑んだ「Red」。刊行当初、あまりにも衝撃的な内容のため賛否両論となった小説が、夏帆×妻夫木聡で禁断の映画化。2020年2月、新宿バルト9他にて全国ロードショーが決定した。

Redあらすじ
平凡な結婚、可愛い娘、“何も問題のない生活”を過ごしていた、はずだった村主塔子。10年ぶりに昔の恋人・鞍田秋彦に再会をする。「君は、変わってないな――」鞍田は、塔子の気づかなかった心の隙間に悪魔のように入り込んでくる。そして運命は予想もしない方向へ走り出す――。

主人公の塔子役には、是枝裕和監督、黒沢清監督、瀬々敬久監督といった、そうそうたる映画監督に愛され、数々の作品で幅広い役柄を演じてきた女優・夏帆。本作では、鞍田の危険な求愛に心を激しく揺り動かされる女性を、繊細かつ大胆に演じ、更なる新境地を切り開いた。夏帆は長いキャリアを持ちながらここまで濃密な恋愛映画の出演は初めてであり、「塔子は自分にとって、とても挑戦した役で、観てくださる方がどういう風に捉えるのか、今からドキドキしています」とコメントを寄せている。

また、今の日本映画界において欠かせない存在の俳優・妻夫木聡が、近づいてはいけない危うい魅力をまとう塔子の昔の恋人・鞍田役を演じている。本作では、40歳目前にして、今まで見せたことのない“悪い男”の色気を全身からこれでもかと言う程漂わせ、魅力的に演じきった。妻夫木は本作について「撮影中は、この映画自体に恋愛しているような感覚で、夏帆さんと一緒に作り上げていきました。『Red』は、理屈じゃない、人間の本能的な部分に問いかけてくるようなお話だと思います」とコメントを寄せた。

そして監督は、2017年『幼な子われらに生まれ』で家族の心の機微と心理を鋭く描き出し、第41回モントリオール世界映画祭コンペティション部門審査員特別大賞など数々の賞を受賞した三島有紀子監督。本作では、“男と女”に焦点を定め、心と体の繋がりを通して、一人の女の生き方を見つめている。三島監督は「人はいつも、自分の内側に潜んでいるものを目覚めさせてくれる誰かを探し求めているのではないか。そんな男と女を描いてみたいと思っていた」とコメントを寄せており、どうしようもない大人たちの恋愛感情を、肉迫した臨場感のある映像でつぶさに追いかけ、人間を力強く描く映画に仕上げた。

本作は関東近郊と新潟でロケを行い、すでに撮影を終え、完成は8月末を予定している。

メインキャスト&監督&原作者コメント

村主塔子役 / 夏帆

「ここまで濃密な恋愛映画は初めてで、三島監督からこの題材を私で撮りたいとお話を頂いた時、監督の覚悟を感じました。妻夫木さんとは初めて共演させて頂きましたが、お芝居している時もそうでない時も、役柄と同じ様に大きな愛でずっと守ってくださっている感覚があり、とても心強かったです。塔子は自分にとって、とても挑戦した役で、観てくださる方がどういう風に捉えるのか、今からドキドキしています。彼女の生き方は賛否が出るかもしれませんが、この2人の恋愛を楽しんでいただけたら嬉しいです。」

鞍田秋彦役 / 妻夫木聡

「来年40歳を迎える年で、そろそろ大人の恋愛をお芝居の中で表現できるようになりたいと考えていた時に、いつかお仕事をご一緒したかった三島監督からお話を頂いて、この巡り合わせがとても嬉しかったです。撮影中は、この映画自体に恋愛しているような感覚で、夏帆さんと一緒に作り上げていきました。『Red』は、理屈じゃない、人間の本能的な部分に問いかけてくるようなお話だと思います。
皆さんが、どういう風に感じてくださるのか僕自身も楽しみです。」

監督 / 三島有紀子

「ノックが聞こえる。扉を開ける。その男が立っていた。それだけだ。
でも、その先に見えたのは内側に潜んでいた自分だった。
知っているのか?君は君を。
知っているのか?君は僕を。
人はいつも、自分の内側に潜んでいるものを目覚めさせてくれる誰かを探し求めているのではないか。
そんな男と女を描いてみたいと思っていた。ずっと。大好きな、夏帆さんと妻夫木聡さんで。だから、2人をどこまでも知りたくて、自分自身も素直にぶつけて、2人を愛し抜いて作り上げた映画になりました。」

原作 / 島本理生

「社会的にはあっけなく否定されてしまうような男女の関係を、それでも切実な恋愛として表現してほしいと願ったとき、夏帆さんと妻夫木聡さんというキャスティングに大きな期待と喜びを覚えました。
大人の官能がテーマの小説ではありますが、どこか共感してしまいたくなるような物語になるのではないか、と私自身が公開を心待ちにしています。」

◯PROFILE
夏帆(かほ)
1991年6月30日生まれ、東京都出身。07年公開の初主演映画『天然コケッコー』で日本アカデミー賞、報知映画賞などで数々の新人賞を受賞。近年の主な出演作に、『箱入り息子の恋』(13)、『海街diary』(15)、『ピンクとグレー』(16)、『22年目の告白-私が殺人犯です-』(17)、『友罪』(18)、『ビブリア古書堂の事件手帖』(18)、『きばいやんせ! 私』(19)などがある。公開待機作には10月11日公開『ブルーアワーにぶっ飛ばす』、20年公開『劇場版 架空OL日記』が控えている。
妻夫木聡(つまぶき・さとし)
1980年12月13日生まれ、福岡県出身。『ウォーターボーイズ』(01)で映画初主演。同作で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。『ジョゼと虎と魚たち』(03)でキネマ旬報ベストテン主演男優賞、『悪人』(10)で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、『怒り』(16)で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞に輝く。09年NHK大河ドラマ「天地人」に主演。近年の主な出演作に『愚行録』(17)、『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』(17)、『来る』(18)など。また現在『パラダイス・ネクスト』が全国公開中、公開待機作には11月22日公開『決算!忠臣蔵』、20年公開『浅田家(仮)』が控えている。
監督・三島有紀子(みしま・ゆきこ)
1969年4月22日生まれ、大阪市出身。監督作『幼な子われらに生まれ』(17)で、第41回モントリオール世界映画祭審査員特別大賞、第42回報知映画賞監督賞、第41回山路ふみ子映画賞を受賞。他監督作品に『しあわせのパン』(12)、『繕い裁つ人』(15)、『少女』(16)などがあり、各国の映画祭での上映や韓国・台湾での劇場公開も果たしている。
原作・島本理生(しまもと・りお)
1983年生まれ、東京都出身。高校在学中の01年に『シルエット』で、第44回群像新人文学賞の優秀作を受賞し、デビュー。03年『リトル・バイ・リトル』で第25回野間文芸新人賞受賞(同賞史上最年少受賞)。『ナラタージュ』は05年「この恋愛小説がすごい! 2006年版」第1位、「本の雑誌が選ぶ上半期ベスト10」第1位。また17年には行定勲監督、松本潤、有村架純出演で映画化され、大ヒットした。15年『Red』で第21回島清恋愛文学賞受賞。18年『ファーストラヴ』で第159回直木三十五賞を受賞。著書『生まれる森』『大きな熊が来る前に、おやすみ。』『アンダスタンド・メイビー』『夏の裁断』ほか。

 

『Red』

©2020『Red』製作委員会
出演:夏帆、妻夫木聡
監督:三島有紀子 原作:島本理生『Red』(中公文庫) 脚本:池田千尋 三島有紀子
企画・製作幹事・配給:日活 制作プロダクション:オフィス・シロウズ 企画協力:フラミンゴ