公開初日に横浜流星がラップを披露!撮影秘話から関係性まで、全てに全員の愛情を感じた映画『チア男子!!』初日舞台挨拶レポート

邦画最新情報

「桐島、部活やめるってよ」で旋風を巻き起こした直木賞作家の朝井リョウが、大学在学中に書き上げ、実在する男子チアチーム “SHOCKERS”をモデルに、男子チアリーディングチームの発足から成長を描いた感動青春小説を実写映画化した『チア男子!!』。 5月10日(金)に公開初日舞台挨拶が、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われ、主演の横浜流星、中尾暢樹をはじめ、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智、浅香航大、そして、風間太樹監督、本作の主題歌を担当している阿部真央が登壇した。

『チア男子!!』あらすじ
柔道一家に生まれたハルは、幼い頃から柔道に打ち込む姉=晴子に憧れて育った。優しすぎる性格から晴子のように強くなれない晴希は、ある日の試合で肩を負傷。以降、柔道を続けるかどうか迷ってい た。そんな時同じ柔道仲間で無二の親友であるカズが、突然「やりたいことがあるんだ」と柔道をやめることを宣言。動揺するハルに「俺はこれをやる。ハルと一緒に!」と笑顔で畳みかけたのは、“男子チアリーディング部” の創設だった。ひとつ間違えると大けがにつながるチアの基本は、「仲間を信頼すること」。だが、メンバーを集め練習に打ち込んでいくうちに、“BREAKERS”の歯車は少しずつ狂い始め、やがてメンバーの間に決定的な 亀裂を生んでしまう。

大きな歓声と掛け声が響く中、ステージに8人が登壇し、公開を迎える事が出来た喜びと共に1人ずつ挨拶を行った。主演の横浜は「無事に公開を迎えられた事を幸せに思います」と喜びを伝え、岩谷は「楽しんでますかー?」と観客とコールアンドレスポンスをし、会場を盛り上げた。風間監督が挨拶をすると中尾が「緊張してますね?(笑)」と声をかけ、改めて監督とキャストの仲の良さが伺える一幕も。

初日を迎えた気持ちを聞くと「誰1人欠けることなく初日を迎えることができて、本当に幸せなことだと思います。後は・・・すごく気持ち良いです」と横浜が話すと、客席から黄色い歓声が沸き上がった。続いて『チア男子!!』がデビュー作となった風間監督は「たくさんの局面があって、彼らが乗り越えて行く姿と一緒になって僕も頑張ってきたものが公開できることを本当に嬉しく思います」と、無事に公開を迎えた気持ちを撮影期間を振り返りながら語った。続いて瀬戸が「一緒に泊まり込みもしたし、一緒に風呂も入ったし、この映画では本当に青春を味わわせてもらいました」と、撮影を回顧しながら「ラップをやったり・・・」と、横浜に振ると「俺は流星 彗星のごとく表れた流星 今日の空は快晴 みんなにチア男子観てもらいたいぜぃ」と横浜はラップを披露。まさかの展開に、会場もステージも笑いの渦に。

続いて観てほしいポイントの話題では、菅原が「僕は弦(岩谷)とのキスシーンと・・・」と話し始めると「いやいやいや!」と勢いよく岩谷がツッコミを入れた。他のメンバーも爆笑し合い、まるで作品の中での彼らのやり取りを見ているような雰囲気に。小平は「前半のこれからチアみんなでやろうって時のわちゃわちゃ楽しい感じのシーンが好き」と話し、横浜が続けて「チアをみんなでやってるシーンはほとんどアドリブに近い、3ヶ月間の練習期間を経て出来上がった関係性のままできた」と、練習期間から生まれていった7人の関係性も映画に表れていることを伝えた。

『チア男子!!』はどんな作品になったかを浅香に聞くと、「一丸となって作品に取り組めたと思いますし、改めてこのメンバーであったからこそ、中尾暢樹がいて、横浜流星がいて、本当に心からよかったと思ってます」と作品に対しての想いを伝えた。そのまま続けて、普段外には出さないけど、責任感が強くて、真面目で熱い男の横浜が、主演というプレッシャーや怪我などもあった中、やりきった姿がかっこよかったと、横浜に対する熱い熱い想いを語ると、横浜も浅香の存在に支えられたと返し、ハグをした。

舞台挨拶終盤になると、本作の主題歌を書き下ろした阿部真央が登場し、主題歌の「君の唄(キミノウタ)」をステージ上で披露。撮影現場にも足を運んだという阿部は「1つのチームなんだなと思いました」と作品について話し、曲に込めた想いについても語った。

曲を聞き終わった横浜は「自分たちが一生懸命やってきた日々を思い出します」と伝え、そのまま大きな3つのくす玉を「レッツゴー、ブレイカーズ!」と全員で叫びながら思いっ切り割り、『チア男子!!』の大ヒットを祝った。

最後に、風間監督が「応援の魅力をうたっている映画です。観客の皆さんもチームの一員として応援頂けると嬉しいです。いつかコールアンドレスポンスする上映が出来ればいいなと思っております」と話し、中尾は「僕の中の青春になった映画。青春はいつだったって聞かれたら、この『チア男子!!』の映画の時だと思ってます」と、作品に対しての想いを伝えた。そして横浜は「本当に頑張って、実現不可能だって言われていた作品をこのメンバーで実現させることができました。胸をはって、皆さんにお見せ出来る作品になっていると思いますし、純粋に楽しんで観て頂きたいです」と、熱い気持ちを伝え、熱気溢れる舞台挨拶は幕を閉じた。

チア男子!!

大ヒット公開中!

©朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT