松ケン、早乙女太一と堺雅人の“声”にムラムラ!? 劇場アニメーション映画『プロメア』完成披露舞台挨拶

邦画最新情報

「天元突破グレンラガン」(2007)、「キルラキル」(2013)の TV シリーズを手掛けた監督:今石 洋之と脚本:中島かずきが再びタッグを組む、TRIGGER 制作の完全オリジナル劇場アニメーション映画『プロメア』が 5 月 24 日(金)より公開となる。本作の完成を記念して、声優を担当した松山ケンイチ、早乙女太一、堺雅人、ケンドーコバヤシ、古田新太、佐倉綾音、そして脚本を務めた中島かずき、今石洋之監督が、東京・TOHO シネマズ 六本木ヒルズに集結し、完成披露舞台挨拶を行った。

プロメア』あらすじ
世界大炎上――突然変異で誕生した炎を操る人種〈バーニッシュ〉の炎によって世界の半分が焼失してから 30 年、一部の攻撃的な面々 は〈マッドバーニッシュ〉を名乗り、再び世界に襲いかかる。彼らが引き起こす火災を鎮火すべく、司政官クレイにより結成された高機動救命消防隊〈バ ーニングレスキュー〉の燃える火消し魂を持つ新人隊員ガロは、〈マッドバーニッシュ〉のリーダーであるリオと出会い、激しくぶつかり合う。そんな中、リオから バーニッシュをめぐる衝撃の真実を告げられることに。さらにガロたちは地球規模で進められている“ある計画”の存在を知ることになる――。

大きな歓声の中、8人はスモークと炎をイメージした演出でステージに登壇した。初のオリジナル映画となった今石監督は「足掛け5、6年やっていたので、もう出来ないんじゃないかと思いましたけど、皆様のおかげで完成できました」と完成の喜びを伝えた。

アフレコから早1年が経過し、観賞した感想を聞くと、主人公のガロの声を演じた松山は「まず驚いたのは色です。色の鮮やかさの表現が今まで見たこともない炎だったり水だったりしたのですごく引き込まれました」と、見所を語った。続いて、ガロの宿敵となるリオ役を務めた早乙女は「めちゃくちゃ楽しかったですし、めちゃくちゃ目が痛くなりました。すごいカラフルで、すごいエネルギーで、どこまでボルテージが上がっていくんだ!?って」と、本作を観た時に感じた想いを率直に伝えた。

物語の鍵を握る人物でガロの上司、クレイ役を務めた堺にどう演じたかを聞くと「後半すごく大きな声を出すので前半は少しセーブしようと思って、5段階で考えて、レベル1からレベル5くらいで少しずつ(声を出す)計算をしていたんですけど、割と早いシーンでレベル5でと言われ、目眩に似た感覚を覚えています(笑)」と、アフレコ時のことを思い出しながら話した。

また、ビニー役を務めたケンドーは「台本をいただいて、気合入れて色々やってこうかと思ったら白紙で。セリフがないのに呼ばれて、いったい僕は何をやるんだ…と(笑)」と、驚きのエピソードを伝えると会場から笑いが起き、デウス・プロメス博士という謎めいた役を務めた古田も「どういう役かを説明すると全部物語がわかっちゃうんで…私、何もしゃべりません(笑)」と重ねた。

次に、アフレコ現場の話になると「最終的には3人(松山・早乙女・堺)で、7歳の子供に返った気持ちで必殺技をやったりとかしてましたね。変な空気になっちゃいましたけど(笑)」と松山。堺は「松山さんのすごい全力な感じが現場で助けられました」と松山への想いを語った。続けて早乙女も「めちゃくちゃ楽しかったです」と、1発目から全力だった松山に感銘を受けたことを伝えた。皆の声について聞かれた松山は「太一くんは色気があるキャラクターにマッチしていて。男性なんですけど、なんかちょっとムラムラするというか……(笑)」と回答をし、会場全体が爆笑の渦に。堺に対しても「堺さんは堺さんであの二面性が。そういうところも僕ちょっとムラムラする(笑)」と話すと、早乙女が「ずっとムラムラしてるじゃないか!」とツッコミをいれた。

そして、本作の見所を一人ずつ伝え、最後に松山が「すごく熱い映画で、熱血なアニメだなと思っています。時代ごとに価値観が変わっていくように、熱さや硬派も少しずつ変化していってると思うんですけど、今石さんが表現する“熱さ”はまさに時代にマッチしている」と、熱い本作への熱い想いを語り、盛り上がった舞台挨拶は幕を閉じた。

『プロメア

5月24日(金)より公開!

©TRIGGER・中島かずき/XFLAG